事務所コラム

月別:5月2017

事業区分とみなし仕入れ率

基準期間の課税売上高が5,000万円以下の場合には、売上の際に預かった消費税から納税額を計算する簡易課税方式を選択することできます。 具体的には、 納付すべき消費税の額=課税売上×8/108-課税売上... 続きを読む

広大地評価について

現在、依頼を受けている相続税申告の中で、広大地に該当しそうな土地が含まれていて、 適用できるどうか検討しております。 広大地と認定されれば、その土地の評価を最大65%の減額が可能となり、 結果として大... 続きを読む

中古資産の耐用年数

中古の建物や車を購入した場合、それらの資産の耐用年数は、新品で購入した場合の耐用年数よりも短くなります。 耐用年数が短くなるということは、減価償却早めにすることができるということであり、節税効果を早く... 続きを読む

貸倒損失を計上するには?

貸倒損失とは、倒産などにより、売掛金・貸付金などの金銭債権が回収できなくなった債権者の損失のことをいいます。 貸倒損失として処理できる要件 貸倒損失の計上要件は、大きく分けて3つあります。 1. 法律... 続きを読む

消費税の計算

消費税の計算方法には、「原則(一般)課税方式」と「簡易課税方式」の2種類があります。 原則課税方式(通常の消費税の計算) 消費税は、商品やサービスを受けるときに商品等の代金に8%(国税6.3%、地方税... 続きを読む