事務所コラム

事業区分とみなし仕入れ率

基準期間の課税売上高が5,000万円以下の場合には、売上の際に預かった消費税から納税額を計算する簡易課税方式を選択することできます。

具体的には、

納付すべき消費税の額=課税売上×8/108-課税売上×みなし仕入れ率×8/108

となります。

各事業区分のみなし仕入れ率は、下記の通りです。

事業区分とみなし仕入率
事業区分 該当する事業(取引) みなし仕入率
第一種事業

卸売業(他の者から購入した商品を、その性質及び形状を変更しないで他の事業者に販売)

90%
第二種事業

小売業(他の者から購入した商品を、その性質及び形状を変更しないで不特定多数に販売)

80%
第三種事業

製造業等(原材料を手配購入し製造する建築業、製造業、食品製造業、造園工事、農業、酪農、漁業)

70%
第四種事業

飲食店業、受託加工業、手間職(原材料の支給を受け建設工事の一部を行なう手間、応援)鳶、解体工事業、植木の剪定・事業用固定資産の下取り、売却も第四種事業

60%
第五種事業

運輸業、サービス業、理容美容、クリーニング業、スポーツ選手、芸能関係、漫画家、デザイナー、学習塾、システムエンジニア、設計業、弁護士、獣医、コンサルタント、駐車場、貸店舗収入、金融業、生命保険損害保険業など

50%

第六種事業

不動産業

40%

 

事業区分の判定に注意しましょう!

各事業区分においてみなし仕入れ率が決められています。

ですので、消費税を簡易課税で計算する場合、どの事業区分に該当するかによって、税額が大きく変わっています。

事業の種類によっては、どの事業区分に該当するか微妙なケースがありますので、注意が必要です。

下記に事業区分の判定で間違えやすい一覧表を掲載いたしますので、ご参考ください。

事          例 事業区分
仕入れた商品の性質および形状を変更して販売する場合
(例)

  • コロッケ、トンカツ、ハンバーグ等自家製総菜の販売
  • 魚を煮魚、焼魚等に加熱加工して販売
  • 落花生を煎って殻から取り出しピーナッツとして販売
  • 仕入れたブロイラーを焼き鳥用に解体し串に刺して販売
  • 印鑑、表札の製造販売
第三種

 食肉小売店、鮮魚小売店において通常販売する商品に一般的に行われる軽微な加工を加えて同一の店舗で当該加工品を販売する場合。
(例えば、仕入商品を切る、刻む、つぶす、挽く、たれに漬け込む、混ぜ合わせる、こねる、乾かす等)

第一種

または

第二種

販売した商品の修理等 (例)

  • 靴の修理
  • 服の販売に伴い別途受領する直し賃(ズボンの裾、上着の丈等)
第五種
農業従事者が他の農業従事者の田植え、稲刈り等を手伝う場合 第四種
観光果樹園を併設し、入園料を受領してもぎ取り食用とさせる事業 第三種
育成中の牛の売却
事業用資産である乳牛の売却 第四種
牛馬を預かり、請負により牛馬の育成を行う事業

原材料の支給を受けて行う加工処理 (例)

  • 玄米の支給を受けて行う加工処理
  • 果物等の支給を受けて行うジュースの製造
  • 生地の支給を受けて行う縫製(糸、ボタン等を自己で調達する場合も同じ)
  • 家具、建具等を組み立てまたは塗装する事業
第四種
他の事業者から原材料の供給を受け建設工事の一部を行う人的役務の提供 第四種
とび工事
道具等を持参しまたは持参しないで行う人的役務の提供

建設業者が行う修繕

(注)原材料の支給を受けて行う修理は第四業種事業になります。

第三種
冷暖房施設工事業者が保守点検の際、必要に応じて行うフロンガスの充填 第五種
配管業者が注文により水道管等の長さを調整し、裁断して販売する場合 第一種

または

第二種

飲食店内にある酒等の自動販売機での販売(セルフサービスを目的としたもの) 第四種
飲食店の持ち帰り用の販売 店内で製造した製品の販売 第三種
仕入れた商品の販売 第一種

または

第二種

飲食のための施設を有する飲食店等が行う仕出し、出前 第四種
喫茶店における持ち帰り用ケーキ・コーヒー豆等の仕入販売(兼業を行っている実態にあるもので、区分されている場合 第一種

または

第二種

飲食店内にあるゲーム機の売上げ 第五種
写真館が結婚式・七五三等の写真を撮影し、単に台紙等にはめ込み、記念写真として作成、引き渡す事業 第五種
写真館が小学校等からネガの支給を受け、または自ら撮影した写真を基に卒業アルバム等を製作する事業 第三種
理容店での化粧品、シャンプー等の販売 第一種

または

第二種

理美容店でのカット、シャンプー・セット・顔そり等の技術料等 第五種
自動車整備事業者が行う自動車の修理 (注)修理に伴う部品代金を区分してもその代金も含めて第五種事業になります。 第五種
自動車整備業者が受け取る損害保険の代理店手数料 第四種
自動車整備業者が受け取る代車使用料 第五種
自動車整備業者が行う、 タイヤ交換やオイル交換 商品代 第一種

又は

第二種

工賃

(別途工賃を受ける場合)

第五種