事務所コラム

iDeco(イデコ)とは?

iDeco(イデコ)とは?

《individual-type Defined Contribution pension plan》「個人型確定拠出年金」の愛称です。

このiDecoでは、加入者が月々の掛金を積立、用意されている金融商品で運用し、60歳以降に年金または一時金で受け取ります

 掛金はどれくらい?

個人型確定拠出年金iDeCoの掛け金には、最低額と最高額の制限があります。

掛け金の最低額は、月額5,000円です。

それ以上は、1000円単位で決めることができ、掛け金の最高額は、次のとおりです。

・会社員:月額23,000円

・自営業:月額68,000円

※国民年金付加保険料や国民年金基金と合わせて68,000円が限度です。

2017年1月から加入対象になる人の掛け金最高額は次にようになります。

  • 企業型確定拠出年金加入者(他の企業年金がない場合):月額20,000円
  • 企業型確定拠出年金加入者(他の企業年金がある場合):月額12,000円
  • 確定給付型企業年金のみの加入者及び公務員など共済加入者:月額12,000円
  • 専業主婦:月額23,000円

 

iDecoのメリット

  1. 掛金は全額所得控除 全額所得控除ということは、掛金×所得税・住民税率分だけ税金が安くなります。 所得税・住民税率は、15-30%という方が多いので、仮に掛金が20万円とすると3-4.5万円安くなります。 この点が、iDecoの最大のメリットといえます。
  2. 年金受取り時には公的年金控除が適用
  3. 個人型確定拠出年金iDeCoを年金で受け取る場合には、国民年金や厚生年金を受け取る場合と同じく、公的年金控除の適用を受けることができます。
  4. 一時金での受取り時には退職所得控除が適用。 一時金として受取る場合には、税金で最も優遇された退職金と同じく、退職所得控除の適用を受けることができます。

 

iDecoのデメリット

iDecoの最大のデメリットは、毎月積み立てたお金を60歳まで引き出すことができないことです。

60歳以上からでないと受給されませんので、長期的な視点に立って加入する必要があります。

また、年金運用を自分で行いますので、運用の結果が悪ければ、年金額が減ることもあります。

最後に

確定拠出年金も万能ではありませんが、メリット・デメリットの両方をよく理解して、この制度を利用してください。