法人・事業主向けサービス

相続関連サービス

その他

ページトップへ

事務所コラム

弥生会計:仕訳日記帳

 仕訳日記帳からの入力

現金・預金の入手金を伴わず、かつ、複合仕訳でない取引は、仕訳日記帳から入力するのがベストです。

取引例:50万円の請求書を発行した(売掛金の発生)

売掛金 500,000 売上高 500,000 株式会社○○製作所

 

この仕訳を仕訳日記帳で入力していきます。

 

まず、【帳簿・伝票】から【仕訳日記帳】を選択します。

siwake

 

下記のような画面が開きます。

↑クリックすると拡大できます。

 

①日付を入力

②金額を入力

③借方科目を選択

赤丸の部分をクリックし「U」と入力してください。

「売掛金」が表示されたらクリックして選択してください。

④摘要を入力

⑤貸方科目を選択

※借方科目と同様

↑クリックすると拡大できます。

 

これで入力は、終わりです。

↑クリックすると拡大できます。