事務所コラム

源泉所得税の計算方法

源泉所得税の算出は個人単位で計算します 計算方法を簡単に説明すると、

A氏の今月の給与支給額が19万円(交通費は除きます)だったとします。

この金額から社会保険料を引きます。(国民健康保険の方は引きません。) 仮にA氏の社会保険料が2万2000円だとすると、

19万-2万2000円=16万8000円が、「その月の社会保険料等控除後の給与等の金額」になります。

この金額を計算した後に「給与所得の源泉徴収税額表」を確認します。

 

ここで「甲」欄と「乙」欄の2択がありますが、これは「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出しているかどうかで変わります。

提出していれば「甲」欄、していなければ「乙」欄で見ます。

A氏が「給与所得者の扶養控除等申告書」という書類を会社へ提出していて、

子供が1人いるケースでは、「甲」欄の「扶養親族1人」の列で「社会保険等控除後の給与」が167,000円以上169,000円未満となるので、

交差する欄の2,000円がA氏の源泉所得税となります。

一方、「乙」欄では、「社会保険等控除後の給与」が167,000円以上169,000円未満の欄と交差する11,400円となります。

給与が毎月変動するケースでは、この計算を毎月する必要があります。

源泉所得税は、年間の所得を予測して概算で計算されています。

あくまで概算なので、1月~12月の給与所得で決定した後に、正確な所得税をと計算して精算するのが年末調整という作業になります。