事務所コラム

会社が社長の自宅を賃貸する時

小さな会社であれば、自宅をオフィスとして使っているケースも多いのではないでしょうか。 また、自宅の一部を取引先との応接用として使用したり、役員・従業と自宅で会議を開いたりすることもあるかと思います。 ... 続きを読む

法人が無利息・低利で貸付を行った場合

法人が役員や従業員に無利息もしくは低利で貸し付けを行った場合、何の問題もないのでしょうか? 税法において、法人の存在する目的とは、事業を通して収益を上げていくことと考えられています。 この前提に立つと... 続きを読む

役員社宅で節税

社長が、個人で契約して家賃を毎月払っても法人の経費にはなりません。 しかし、個人でなく法人が契約して、会社の社宅として役員に貸し付けると、会社が支払い家賃と役員・従業員から受け取る家賃との差額を経費に... 続きを読む

旅費規程を作成しましょう!

役員や従業員が、遠方へ出張した場合、旅費日当を支給することができます。 旅費日当とは、「出張の際に支給される宿泊費や交通費以外の諸費用や、慰労に対する手当」のことです。 会社で旅費規程を作成し、この旅... 続きを読む

役員貸付金と役員借入金

会社を経営していると、会社と社長の間でお金の貸し借りが発生することがあります。 「会社のお金」と「社長のお金」の区別がついていない方が時々おられます。 会社は法人、社長は個人なので、絶対に混同していけ... 続きを読む

個人名義の車を法人で計上する場合の注意点

「会社設立後に個人名義の車を法人で計上したいのですが、どうすればいいでしょうか?」 時々、このような質問を受けることがあります。 社用車にすれば、減価償却もできますし、保険料やガソリン代、高速代なども... 続きを読む

小規模企業共済に入っていますか?

「小規模企業共済」とは、国が運営する制度で、例えば個人事業を辞めたとき、 会社等の役員を退職したときなどの生活資金等(退職金)をあらかじめ積み立てておくための共済制度です。 加入できる人・掛金等につい... 続きを読む

「外注費」と「給与」の判断について

「外注費」が「給与」と認定されたら 会社が人に支払う費用として、主に給与と外注費がありますが、このふたつは税務上の取り扱いが異なります。 消費税に関しては給与が不課税、外注費が課税対象となります。 会... 続きを読む

決算賞与の未払い計上

利益が出そうな場合には、従業員へ決算賞与を支給することで法人税を少なくすることができます。 決算賞与とは、文字通り決算時に支給する賞与のことで、通常の賞与と同様に、損金に計上することができます。 また... 続きを読む

中小企業倒産防止共済(経営セーフティ共済)

倒産防止共済をうまく活用しましょう! 中小企業倒産防止共済(経営セーフティ共済)とは、中小企業の連鎖倒産を防止するために設けられた共済で、 もし取引先が倒産して損失を被った場合には、積み立てた金額の1... 続きを読む

2 / 3123